2018年01月22日

津軽 ストーブ列車


私の母が
死ぬ前に一度ストーブ列車に乗ってみたい、と
言うので行ってきました。
あ、ちなみに母は凄く元気です^^
瀕死の人間の最後の願い、的な物ではありません。
ただ、足の手術もした事もあるので
本人が自分の力で歩けるうちに“見たい”と
言っている場所に行っておきたいのは確かです。

ストーブ列車に乗る、という事は
出発点から移動するという事ですから
私の車で駅迄行く訳にはいきません。
バスツアーに参加して行ってきましたよ。
ただ、ツアー会社迄は
私の車で行くし、帰りも
そこから自宅迄帰ってこなければ
ならないので列車内で
お酒は飲めません。


ストーブ列車のHPには

津軽の冬の風物詩である津軽鉄道の『ストーブ列車』。昭和5年の津軽鉄道開業時から運転されており、観光名所としても、地元の人々の大切な生活の足としても長年愛され、守られている。
津軽五所川原駅から津軽中里駅を結ぶ、20.7kmの路線を1日に2往復する。編成は、DD35形ディーゼル機関車と客車が3両。1・2両目がストーブ列車で、1両目が団体用、2両目が一般用の自由席、3両目は一般用のワンマン車だ。1・2両目では、1両に2つずつ石炭ダルマストーブが設置されている。

と記載されています。
パンフレット
DSCN2124.JPG

運賃とは別にストーブ列車に乗車する際は
DSCN2131.JPG
別途ストーブ列車券400円が必要です。

津軽五所川原駅
DSCN2133.JPG

DSCN2135.JPG

列車の発車時間迄ストーブ列車どら焼きで
小腹を満たします。
DSCN2137.JPG

さぁ、出発時間になりました。
DSCN2150.JPG
実際の列車はパンフと違った。
DSCN2147.JPG
いや、違ってないのかな。
これ、後ろから見ているから
先頭車両にはあのパンフと同じ物が
いるのかも。

車掌さんが石炭を持っています。
DSCN2152.JPG
そりゃそうか。大事な燃料ですね。
DSCN2154.JPG
ストーブ!!

列車内はさすがに年季が入っています。
DSCN2179 (2)_LI.jpg
車内販売
DSCN2163.JPG
日本海のスルメは
漁港から一括仕入れしているそうです。
今年は不漁で車内販売用の数を確保するので
手いっぱいで駅の売店では販売できるほどの
数は無いそうです。

このスルメを買うと
アテンダントさんが
焼いてくれます。
DSCN2172_LI.jpg
私の行った時には
人数が多すぎて
スルメを焼くだけで
手いっぱいだったようですが
暇な時には焼いて欲しいものを
持って行っていればそれを
焼いてくれる事もあるようです。

金木駅で降りる迄約40分、
アテンダントさんはひたすら
スルメを焼いていました。
焼く時間を短縮する為
軍手をはめてストーブに押し付けて
いたので危険と言えば危険な
役目ですね。

スルメを焼いて
カップ酒をあおっている
おっさんを見ていたら
普段日本酒を飲まない
私ですが、凄くお酒が
おいしそうに見えました^^;

あっと言う間の40分でしたが
なかなか良かったです^^

途中、撮り鉄を何人か見かけました。
格好の被写体でしょうね^^

着るだけ強力加圧【シックスチェンジ】
posted by ESE at 21:59| 青森 ☁| Comment(2) | 行った場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

“麺屋 雪風”濃厚味噌味玉ラーメン


1/17(水)〜1/23(火)迄三春屋では
春の全国うまいものまつりが
開催されています。
今回、ここに来るラーメン屋さんは
“麺屋 雪風”北海道 です。

私自身は知らないラーメン店ですが、
口コミサイト食べログで1位を会得した
人気店という事がチラシには書かれて
います。それは食べに行ってみなくては
ならないでしょう。

ちなみに三春屋の既存の
ラーメン店といえば
“らーめんふぁくとりー のすけ”ですが、
八食センターの記事の時と違い、
ここのお店の場合、イベントがあるからと
いって違う集客手段を取る事はしません。
現状、キャパいっぱいいっぱいでやっているので
お客が別の場所に流れてくれれば自店の行列が
減るので逆に嬉しいと思います。

一番安いので濃厚味噌ラーメン918円ですが、
三春屋駐車場を利用しているので
駐車券を貰える千円以上のラーメンという事で
濃厚味噌味玉ラーメン1,080円の注文です。

濃厚味噌バターコーンラーメンも同じ1,080円だったので
こちらでも良かったのですが、もしかしてクドいかな?と
若干の不安があったのと、
濃厚味噌味玉ラーメンは単純に濃厚味噌ラーメンに
味玉を1個分(半玉は最初からデフォルト)
追加しただけのようですから、
基本のラーメンの味を見る事が
出来るのではないか、と考えたから。

開店して間もない時間だった事もあり、
結構早く配膳されました。
DSCN2113.JPG
大き目の柔らかチャーシューは
厚みもたっぷり。
DSCN2114.JPG
ビジュアルはなかなかおいしそうですね。
DSCN2116.JPG
麺は中太ちぢれ麺でかなり鮮やかな黄色です。
固茹でされた、この麺そのものにもかなり味があります。

DSCN2118.JPG
キクラゲが大きいまま入れられています。
DSCN2119.JPG
味玉はどこもはずれが無いですね。

うん、おいしい。
濃厚なスープだけど
しょっぱいわけではなく
複雑な味わいがあります。

これ、書いていないけど、
カロリーを表示したら
食べる女性客が減りそうな位
高カロリーな気がします。
いったい何キロカロリーなのか
教えてほしい所です^^;

ただ、おいしいけど、食べログ1位?
それはちょっと疑問。
食べログだったら4.5以上の評価が無いといけないと
思うけど、私の中の採点では3.5位かな。
おいしいか、マズいかで言ったら確かにおいしいけど、
突き抜けたおいしさでは無いかなぁ。
まぁ、こういう出張先でのラーメンの提供は
本店のポテンシャルを発揮出来ない事も
多いから評価が厳しすぎるのかも。
実際の北海道のお店に行ってみないと
本当の評価は出せないのかもしれませんね。



posted by ESE at 04:28| 青森 ☔| Comment(4) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

ガスト カキフライ


ガストからオトクーポンがメールで送られてきたので
見たらカキフライが通常699円→399円のクーポンが来ていました。
300円引きは魅力的だ、と言う事でガストに行ってきましたよ。

年末年始にお金を使いすぎたので(主にお年玉に散財><;)
現金を使いたくないというお財布事情があります。
支払方法にクレジットカードを
使えるお店は多いですが、
ガストでは飲食店の支払い方法としては
珍しくQUOカードを使えるのが嬉しい。
KIMG0040.JPG
カキフライ699円+ Aドリンクセット(平日ランチタイム価格379円)

Aドリンクセットはランチタイムには
429円→379円です。
今回はフランスパンに変えてもらいました。
そう、ライスをパンに変える事も可能なのです^^

今回の日替わりスープは韓国風卵スープでした。
KIMG0052.JPG
メインのカキフライ
小ぶりながらカキフライは5個

カキフライ用に納豆についているような
ねりからしの小袋が付属しています。

ソースが器に入って来ていましが、
2個にはタルタルソースがかかっています。
KIMG0053.JPG
色々な食べ方を堪能出来ます。

さっくり衣のカキフライ、
身も詰まっていて、牡蠣をよく味わえました。
カキフライ堪能です。

ごちそうさまでした!(^^)!



posted by ESE at 20:51| 青森 ☔| Comment(2) | フェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする