2018年02月14日

懸賞に当たる裏ワザ


私の趣味は懸賞です。

子供の頃から懸賞を
やっていますが、
趣味と言える程沢山
応募するようになったのは
大人になってからです。

こうしてファイルに
取ってあるのは
2年前位からでしょうか。
2年でファイルが3冊あり
DSCN2351.JPG
ファイルの中身は全部
懸賞当選記録で
びっしりと埋まっています。

それだけ当っているのだから
当選のコツみたいな物が
あるか、と言えば
それがそうでも無い。

と、自分では
思っていたのですが、
どうしたら懸賞に当るかを
人に聞かれ、
私が普段からしている
事を教えたら大変喜んで
くれたので皆様にも
お教えしましょう。
ただの"コツ"なので
必ず当選するという話では
ありません。あしからず。
必ず当選するなら今頃
私、懸賞長者です^^;

まず、懸賞に応募しましょう。
当たり前ですが、応募しなければ
当りません。
当る確立を高める為に
ハガキを盛ってデコったり、
折ったり丸めたり、
カラフルに彩る、等色々
他の懸賞のコツを書かれて
いる人がいますが、
私はそんな事をした事が
ありません。それらを
やる人を否定する訳ではないです。
私はやっていない、というだけです。
ただ、字は丁寧に読みやすく、は
基本です。と、言うのも
当選しても住所が読めなければ当選品を
送りようがありません。
どうしても字が汚い人は
年賀はがきに使うような住所、氏名の
ハンコでも良いと思いますよ。

確立を高める為には
たくさんハガキを書いた方が
良い訳ですが、
大体の懸賞はバーコード
(応募券や会社のロゴマークの場合もある)を
貼り付けたり、商品を買った
レシートを貼り付けたりしなければ
ならないものがほとんどです。

ここで商品の買い方に
工夫が必要になってきます。
一例として
一回の買い物で
まず、バーコードで応募するタイプの
懸賞の商品を買います。

商品を買ったレシートの写真を
送るタイプの懸賞に応募します。

商品を買ったレシートをハガキに
貼り付けて応募するタイプの
懸賞に応募します。

この時点で、一回の買い物で
3回懸賞に応募できる事になります。
他にも応募券のついた商品を買うとか
増やす方法はあります。

ある商品を含む、いくら以上の
買い物をしたレシートが有効、
なんて場合の時に
大量に買い物がある場合は
買い物を2回に分けて
腐らない商品ならそれを2個買い、
レシートを2枚に分ける、
というテクニックもあります。

また、同じ商品なら
懸賞をやっている企業の商品を
買うという手もあります。
例えばマヨネーズや納豆等
何社からも出ている商品の場合、
味にこだわりがあるなら別ですが、
そこまで味の違いを
気にしない人なら値段は
そう大きく変わらないので
懸賞をやっている企業の物を
買います。

大手のやっている懸賞よりも
地元のスーパーでやっている
懸賞の方が応募者が少ないので
当りやすいと言えます。
地元のスーパーの中でも
よりローカルな方が
当りやすいでしょう。
(青森で言えば
青森県全域から岩手県迄カバーしている
ユニバースより八戸市周辺にしか店舗が無い
よこまちストアの方が当りやすいと言える)

フリーペーパー、
タウン誌等無料の冊子で
懸賞に当選すれば
丸儲けです。
ハガキ代なんてすぐに回収できます。
懸賞応募期間も短いので
ハガキを出す人自体少なく
ねらい目です。

応募券やバーコードを
何枚も集めなければ
ならない懸賞の場合、
期間が長く、何回も
中〆の締切がある事が多いです。
その場合、最初のほうに
応募する事が出来れば
まだ応募券を集められない人が
多いので応募数自体が少ないでしょう。
日頃から以前に懸賞があった
商品のバーコードや
ロゴマークを集めて置くと
懸賞開始と同時に応募出来るので
ライバルが少ないうちに応募できると
言えます。

私もロッテのLマークや
マルちゃんのカップ麺のバーコード、
カルビーのポテチ等の袋についている点数、
サントリーの清涼飲料水のバーコード
なんてのは今、懸賞をやっている
期間ではなくても貯めておくように
しています。

経験則でインターネットの懸賞よりも
ハガキの方が断然当たりやすいです。
これはインターネットの方が手間が
無い分、応募者数が多いので
単純にライバルが多いのだと思っています。

そしてなるべく
ハガキは晴れている日に出しましょう。
雨でインクが滲んでしまえば
読めなくなってしまいます。
雨の日にでも濡れないように
気を付けているっていう人も
いるでしょうが、いくら自分が
気を付けていても集配の係の人が
濡れた手で持つかもしれないし、
集めた袋の中で濡れた手紙に
くっついてしまうかもしれません。
リスクはなるべく減らしましょう。

応募したら、後は
神に祈って懸賞当選品が
家に届くのを待ちましょう。
ここで当たらなくても、くさらず、
次の懸賞こそ当たってくれよ、位、
さらっと気持ちを切り替えるのが
大切です。
何故なら懸賞の神様は
ポジティブ大好き、
ネガティブ大嫌いだからです。
ここに来ていきなりテクニックから
神様の話かーい!と突っ込みがあると
思いますが、何となく、ですが
否定的発言は運を遠ざける、と言うのは
私が肌で感じている懸賞のコツです。

そんな所ですが、
紹介したコツは
参考になったでしょうか?



posted by ESE at 00:40| 青森 ☁| Comment(2) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする