2018年02月18日

太肉麺(ターローメン)


今回、三春屋の
ご当地グルメ&お取り寄せスイーツフェア
に来ているお店はほぼすべてが有名店。
たいめいけん、や、千疋屋等、
行ったことはなくても誰でも一度は聞いた事の
ある有名店ばかり。
DSCN2352.JPG
ラーメンでは桂花さんというお店が来ています。
DSCN2354.JPG
太肉麺と書いてあり、
太肉麺(ターローメン)って知らなかったから
検索したら、それを作った元祖のお店だって。
それは嬉しい。

太肉とは豚肉三枚肉の太肉、
メンマ、茎わかめ、ルータン(煮たまご)が
トッピングされているマー油のかかったラーメン
と予習していざ出陣。

三春屋4階に行ってみると
ものすごい人だかりです。
さすがに有名店ばかりという事で
ほぼすべてのお店に行列ができており、
最後尾の札を持った係員がいます。
これは何十分待ちか
下手すると1時間待ち以上か?
と思いながら飲食ブースの
最後尾に並ぶと係員から
「食券はお買い求めになりましたか?」と
聞かれ、あぁ、先払いね。そういうことか、と
レジに行き「太肉麺」の食券を買うと
「お客様、おひとり様ですか。
じゃあ、席はありますよ。」と
すんなり通されました。
身軽なおひとり様も良いものです。

座ってからが長かったけど、
まぁ、行列を飛ばしている分
文句は言えません。

どうやらこのイートインブース、
たいめいけんと一緒になっているようで
オムレツを食べている人と
ラーメンを食べている人が混在しています。
黄色いのがより多く見えているので
たいめいけんのオムレツのほうが
人気みたい^^;

しばらくして来ました。
DSCN2358.JPG
思っていたより若干小ぶりな
丼に山盛りの生キャベツと
存在感たっぷりの豚バラ肉が
両側に配置されています。

では、さっそくスープを一口。
物凄い濃厚でうまい!そしてクドイ(笑)
トロリとして、冷えれば固まるに違いない、と
思わせるコラーゲンたっぷりを感じさせる
濃厚なスープ。くどいけれども、
シャキシャキとした生キャベツの
ザク切りがさっぱりとしているので
とても良いバランスが取れています。
このスープなら茹で野菜では弱いでしょう。
生キャベツでなければこの力強いスープを
受け止められないとわかります。
物凄い変化球を投げてくる
ピッチャーと、どんなに変化しても
しっかりと受け止めるキャッチャーのような
名バッテリーの組み合わせです。

麺は熊本ラーメンっぽく少し固め。
豚骨鶏ガラ白湯(パイタン)と
言う事ですが、骨の奥から
染みだす旨みというのか
深いコクがあります。

固めのしっかりとした煮玉子は、
煮玉子っていうより
燻製玉子じゃないのって感じの味。
これはこれでおいしい。

それこそ、このラーメンの名前は
ここから来ているっていう巨大なお肉、
煮玉子の大きさにひけをとっていません。
DSCN2368.JPG
豚角煮はトロトロ〜、
と言うかホロホロ〜と言うか
口の中でほどけます。

肉ならまだ良いけど、
DSCN2370.JPG
この大きさの脂の塊を
食べるのには少し躊躇しました。
食後に脂肪の吸収を抑える
トクホ飲料飲まなきゃ><;
でも、トロリと溶けて味は最高。

おいしい物を追及していくと
クドくなっていくのは何となく
わかります。それを食べさせる為に
キャベツを生で入れるって発想は
素晴らしいです。

茎わかめのトッピングって
珍しいな、と思ったけれど
これもこのラーメンに合ってます。

ふと、思ったのだけれども、
おいしい、と感じるお店のラーメンは
移動先であっても器もちゃんと
自分の所の物を使っていますね。
DSCN2372.JPG
移動用の割れないプラスチック丼を使っていません。
盛り付け迄含めての商品と考えれば
普段通りの物で出すほうが当然と言えば
当然かもしれません。

前回のお店は食べログ1位って言われて
疑問に思ったけど、
DSCN2374.JPG
このオリジナリティ溢れる太肉麺を出している
お店なら2014年度上半期全国人気ラーメン店
熊本県ランキング1位と言うのにも真実味があります。

ここで食べた後は水を飲んだくらいじゃ弱いです。
ガムを持っていった方が良いです。
ふー、色々な意味でおなかいっぱい。
御馳走様でした!

2歳〜年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント
posted by ESE at 15:24| 青森 ☁| Comment(6) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする