2018年04月04日

菓子造 たちばな


母から、お店を指定され、
和菓子を買ってきてくれと頼まれました。

お店の名前は菓子造 たちばな
DSCN2582.JPG
このお店、表通りからは見えない
場所にあるので

一般の方は
なかなか知る機会も無いかも
知れませんが、知る人ぞ知る、
と言うか、昔からあるので
昔の人の方が知っていると言うべきか。
超有名店です。

なぜならこのお店の菓子は
昔から贈答用や慶弔用として
重宝されてきたから。
腕前は
数々の菓子コンクールで
色々な賞を受賞しているので
確か。

そして、私の母のように
普段から食べたいという理由は
“生”だから。
他の和菓子店では
冷凍したものを溶かして
売っている物がほとんどです。
賞味期限が短い“生”を
扱うのはリスクが高い訳ですが、
その分おいしいので
需要が高く、八戸で
お茶を教えている先生が
お茶菓子として使っているのが
ほとんど、このお店の菓子なのです。
DSCN2581.JPG
以前は駐車場がお店の前の
1台分だったのでなかなか
停めるのに苦労しましたが、
今では斜め後ろに
3台分位停められる
駐車場が出来ています。

色々季節の菓子があって
目移りしますが、
DSCN2588.JPG

DSCN2585.JPG
今回買ったのは
季節限定でもう終わりがけの
草餅と、
今の季節にぴったりの
“ふきのとう”
そして
”里の春”と言う名前の
かわいらしいピンクの和菓子。
DSCN2589.JPG
味は言わずもがな。
あんこが白っぽいのは
凄く何回もアク抜きをしているのだろうな、と
想像できます。
上品な甘さでくどくなくて
おいしいです。
朝9時から開店なのですが
結構早い時間に買いに
行かないとすぐに品切れしてしまいます。
定休日が以前は水曜日でしたが
月曜日に変わっていますので
この記事を見て久々に買いに
行こうかな?と思った方は
留意してくださいね。
DSCN2587.JPG



続きを読む
posted by ESE at 19:41| 青森 🌁| Comment(4) | お店紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする