2018年06月19日

アマゾンエコードットで出来る事


先日、アマゾンエコードットを買った、
とふわっとしか書いてないので
今日は実際にスマートスピーカー
アマゾンエコードットで出来る事を
書きましょう。
DSCN3202.JPG
たぶん、スマートスピーカーに興味を
持っている人はカタログやネットで見て
音楽を聴ける、や電気をつける事が出来る、
と思っている人もいるでしょう。
しかし、カタログにはどこにも
無料で音楽が聴けるとは書いていません。

つまり出来るスキルの中には有料の物もあると
まず頭に入れておいて下さい。

まず、アレクサアプリをインストールして
それから本体の設定を行いますので
この時点でアプリをダウンロード出来る
環境が無いと無理になってきます。
つまりガラケーして持っていない人は
アプリを使えませんよね。

アマゾンエコードットの初期設定で
ウェイクワード(スマートスピーカーを起動する為の言葉)を決めます。
今はアレクサ、エコー、コンピューター、アマゾンの
4種類しか選択肢がありません。
お年を召した方ならコンピューターと呼ぶ方が
しっくりくるかもしれませんが、
一番一般的なのはアレクサでしょう。

そのままでも質問したり、
スポーツの試合結果を教えてくれたり
時間を教えたりしてくれます。
使ってみればわかりますが
声で操作できるという事は
ハンズフリーですから
作業の手を止める必要が無いという事。
意外とこのハンズフリーってのは
嬉しい事です。

最初から出来る事は
(アラームやタイマー等を声で
設定できる等簡単な事を抜かして)
例えばリストを作る事。
買い物リストや
やる事リストは声で
増やしていく事が出来るのですが
買い物が済み、買い物リストから削除したい場合には
声では削除できません。
アレクサアプリを開いて
削除する必要があります。
ここいらへんは改善の余地があると感じます。

その他、出来る事は
スキルと呼ばれる
(スマホで言う所のアプリとほぼ同義)
群の中から選び、
”有効にする”ボタンを押して利用するのですが、
スキルを有効にしていなくても
天気予報やニュースの読み上げ、
ドル相場、時間等は教えてくれます。

音楽を聴くのは
AmazonMusicの
Amazon Echo所有者向け価格
月額380円(通常は月額980円・ファミリー向け月額1480円など)
の契約をするのが一般的なのかな?
私は音楽を聴かないので有料の音楽チャンネルには
興味がありません。
ただ音楽を聴きまくる人には聞き放題で
380円っていうのは破格値でしょう。

私の場合音楽すべてを聞かない訳ではなくて
癒しの音楽とか眠りにつきやすいBGM音楽は
聞きます。
アレクサにはそんなスキルもあります。
DSCN3240.JPG
例えば「あの森の扉」は
軽井沢の美しい自然音が聞こえてきますし、
「快眠サポート」は穏やかな波の音と
落ち着きのあるBGMが流れます。

ちなみにアレクサに
音楽を歌って、と話しかけて見たら
「へへへ歌いますね。テクノロジー、テクノロジー〜♪」
と歌いはじめました。
様々な楽曲に対する著作権を侵害しない
やり方でしょうが、オリジナルソングかよ、
と突っ込んでしまいました。
ちなみにアレクサに向かって
「アレクサ、ボリュームを(1〜10迄の数字を言う)にして。」
と言えばボリューム調節も声で出来ます。

連携したスマホやタブレットを鳴らす
トラッカールというスキルは
忙しい朝、出がけにスマホ、どこいった〜と探し回る人には
嬉しいスキルでしょう。

又、出来る事の代表例に
電気をつける、テレビをつける、エアコンをつける等の
スマート家電コントローラー用スマートホームという
スキルがあります。
直接コントロールできる電化製品は
スマート家電と呼ばれエアコン、炊飯器、
電子レンジなど各種製品がパナソニックやシャープなど
から発売されており、スマートフォンやタブレットで
リモート制御することができます。しかし、
今、現在、直接コントロールできる家電の
数は少ない上に今、現状で使っている
電化製品を買い替えなければならないのか?と
思ってしまいますよね。
そこは抜け道があります。
アレクサは赤外線を使う
家電リモコンを操作できるスキルを持っています。
ですから
スマート家電を操作する場合は
「アレクサ、電気をつけて。」で
済む所を
「アレクサ、家電リモコンを使って電気をつけて」
というように
一度家電リモコンを介して
DSCN3226.JPG
頭に「家電リモコンを使って何々をつけて〜」と言うだけで
今ある赤外線リモコンを使う機器を
使う事が出来ます。
DSCN3234.JPG
ただし、この場合、
リモコンをまとめる
別売りのスマート家電コントローラーを
買う必要があり、エコードット単体では
まだスマートホーム化は無理です。
DSCN3229.JPG


スキルの中には実用的なものもあれば
技術者が遊びで作ったような
何に使うの?と思うスキルもあります。
スキルは開発者や企業が自由に連携できる
機能があるからです。つまり発展性は
無限だということ。
DSCN3224.JPG
今、私の部屋では声で
テレビ、照明、エアコンをつける(消す)ことが
可能です。
便利な事このうえ無し!^^!

今の時代にスマホが必須アイテムなように
これからの時代にはスマートスピーカーが
必須アイテムになると思います。

ついこの前迄現在のAIのレベルは
ペッパー君程度の物だと思っていたので
市販レベルで日本語にここまで
対応できるとは思っていませんでした。
時代の進歩ってのは凄いですね。




posted by ESE at 09:06| 青森 ☁| Comment(8) | 新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

あら陣


三春屋の北海道展に今回来ているのは
あら陣というお店。
DSCN3212.JPG
あら陣というお店は今迄
聞いた事が無いのでネットで
検索してみると、
それほど評価が
高くないお店でした。

でも、せっかく中標津から
来ているとの事ですから
そう簡単に中標津迄行く事も出来ない事ですし、
おすすめの味噌を食べてみましょう。
DSCN3213.JPG
えびそば味噌880円です。

早い時間に行った事もあり
混んでいなかったので
それ程待たされずに出てきました。
DSCN3216.JPG
ではスープを一口。
DSCN3219.JPG
あれ?
ネットで評価が低かったから
それほど期待していなかったけど、
おいしいんでないかい?

チャーシューも
厚さの割に柔らかくて
ホロホロと口の中で崩れます。
DSCN3217.JPG
麺は中標津産「ゆめちから」を使っている
との事ですが、(固い訳ではなく)
コシがあり、噛み応えがあります。
DSCN3221.JPG
何よりもこのスープ、
海老の生臭さを感じさせずに
海老の旨みを感じるので
海老味噌として
私の好きな味。

何でネットで低評価なのか
わからない位。

良いですよ。
ちょっと濃いめのスープで
後で喉が渇きそうではありますが
これは良いですよ。

私はおいしいと思います。
ネットでは低評価だったので
私の舌がおかしいのかも知れませんが
少なくとも私の好みでした。

もしかして、
ネットの評価を見て
味を変えた可能性もあるのかもね^^;



【追記】6月16日
らーめんふぁくとりー のすけのブログ的なこと
を読んでこの記事で疑問に思っていた謎が解けました。

私がかつて食べた中で一番おいしかったと思う
海老味噌は「縁や」の「海老そば」です。
そしてそれを作った野本さんという方がいて
あら陣ではミライサポートという制度で野本さんの
指導を受けたのだとか。今回はその野本さん本人も
「スーパーバイザー」として同行しているとの事。
なるほど!!合点が行きました。

そりゃあ、私の中で一番のラーメンと
似ているのですから好みの味って言いますよ

たぶんネットで評価が低いのは
指導を受ける前の昔の話なのでしょう。

謎が解けてスッキリしたし、
そういう事なら再度、行って
今度は味噌以外の味を見てみるのも
良いな、と思いました。




続きを読む
posted by ESE at 22:21| 青森 ☁| Comment(6) | フェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

スシロー 八戸店


私がauユーザーで木曜日にはスシローで
2皿無料になるサービスがあるという
話しをしたら、両親から連れて行ってくれ、
と頼まれました。
いや、木曜日じゃなきゃ意味無いんですけど…。
とは言え、私も木曜日には会社なので、
お昼には行けません。では
行く気になった時に行く事にしましょうって
事でやってきました、スシロー八戸店。

スシローアプリで予約していったのですんなり入店です。

TVで創業祭 倍トロってやってたような気がしましたが、
既に終わっているようですね。期間短いな><;
私には関係の無い話だけど、あのCMで寿司が落ちてきて
揺れて躍動感を出す演出を考えた人って凄いと思います。
動かない寿司にどうやったら躍動感を
あたえる事が出来るか悩んだんだろうな〜。

母が回っている皿を見て
「あ、それ、おいしそう、取って。」
と言うのは皆、注文品のプレートに
乗った物ばかり。
回っていて取れるのが黄色い100円皿ばかりですよ。
私が注文を聞いてせっせとタッチパネルに打ち込みます。


この店で茶碗蒸しは初めて食べたけど、
アツアツでおいしい。
20180612_114127(1).jpg
青森では茶碗蒸しの中の具と言えば
瓶詰めの栗の甘露煮だったりギンナン
だったりしますが、

ホタテがゴロッと
入っているのも良いですね。
20180612_114539.jpg

色々食べて
20180612_114215.jpg

20180612_114435.jpg

20180612_112606.jpg

20180612_112545.jpg

20180612_113301_Burst01.jpg

母が2回も途中で「取って!」と言っても
他の人の注文品だから食べられずにいた
真鯛をこちらのテーブルでも3人前注文して〆。
20180612_115444.jpg
会計を頼んだら3人で6千円。
おいしそうな黒い皿ばかり頼むもんだから
お皿の枚数こそ少ないものの、
そりゃそうなる。
私と家内と娘の3人で行った時には
デザートやサイドメニューも食べているので
明らかに皿の枚数は今回より多いけど
5千円もしませんでした。

でも、おいしい物食べたって
満足度は明らかに今回が上ですね。

親も以前この店が出来たばかりの時に
来た時よりおいしくなっているね、と
話していましたが、その時には
開店直後で店員もお客さんも慣れて
いなくて、システムがわからない
おばさん連中に店員がつきっきりで
説明しなくてはならなくて
オペレーションがうまく回って
いなかったのではないだろうか、と
思って見てました。
今はお客さんが列をなして待っている
繁盛店です。あんな大人数待っているなんて、
皆、アプリを使ってないんですかね?




posted by ESE at 06:02| 青森 ☔| Comment(4) | お店紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする