2020年07月22日

懸賞にかける想い


最近、懸賞では金券ばかり当たっていました。
金券でなくても、その会社のポイントとかね。
それはそれで、もちろん嬉しいのですが、
昔みたいなワクワク感が無いかなぁ、と思っています。
以前は
屋形舟クルーズが当たったり、
巨大なぬいぐるみが当たったり、
りんごの木のオーナー権が当たり、
成長過程の写真が送られてきた後に
その年にその木に成ったりんごが送られてきたり、
ワクワクがあったんですよ。

そう言えば、家事代行で窓拭きをしてもらった
こともありましたが、
これは懸賞当選品を考えた人の思惑は
おそらく家をピカピカに仕上げる
ことを想像していたと思うのですが、
それはダスキンとかのお掃除のプロの
人の話。実際に来たのはニチイの
家事代行の人でした。
この方たちは普段、
介護の仕事等で
家の人が出来ない場合に
家の人の変わりに掃除をします、
という人達であって掃除のプロでは
ないから、我々が掃除をするのと
あまり変わりない出来栄えの
掃除しか出来ない訳です。
これはニチイを責めているのでは
なくて、それぞれ、
必要とされる場面が違うので
やはり懸賞品を考えた人が
悪いと思うのですよ。

私の場合、懸賞で当たって嬉しかったのは
東北エモーション往復の旅、
や、新聞カフェ俵屋7,500円分券
等、普段、なかなか行けない場所に
行けるのが嬉しかったですね。
屋形船クルーズは2年連続で
当選した時には飛び上がって喜びました。

食べるものもお米5kgとか
馬刺しとか岩手ポークとか
ステーキ肉や焼肉、
高級メロン等食べ物系も
おいしくいただけて
嬉しかったです。
焼肉はお店に行って食べるパターンの
当選もありましたね。

ビールの当選品は、またたくまになくなります^^;
ビールと言えば
モルツのリバーシブルジャンパーは
めっちゃ羨ましがった人がいましたね。
スタジアムジャンパーも当選した
ことがあるのですが、
青森の冬に着るにはちょっと
薄手すぎた・・・><;

あと、良い製品だと知ってはいても
自分ではなかなか買おうと思えない
高額品では
ダイソンの掃除機が当選した時は
凄く嬉しかったですね。

私の懸賞生活の始まりは
小学校の時に、なけなしの
おこずかいで買った雑誌の
懸賞に応募して、
その当時人気のあったアニメの
キャラや作中に出てくる飛行機がプリントされた
ペンケース、小物入れ、がま口財布の
3点セットが当選したのが一番最初なので
よく覚えているのですが、
小学生の買う雑誌ですからね。
当選品もビニールで出来た
安物ですよ。
寒い冬に届いたのですが、
寒かったのがいけなかったのでしょう。
ペンケースを広げてみたらビニールが
破けた、というか、
縁の縫ってある所からペリッと抜けて、
当たって、届いて、開封して、
1分の間に壊れたのですよ。
この時のショックが忘れられなくて
懸賞品で悪い思いをしたのを
払拭したくて
私は懸賞を続けているようなものですね。

懸賞って当たっている人、いるの?
という疑問を持っている人は
何人も知っているので、
とりあえず、
私は当たっているよ、と
答えられるだけの
根拠はある当選はしているなぁ、と
思います。
自分で買おうと思えば買えるものであっても
やはり懸賞で当選すれば嬉しいですね。
でも、やはり懸賞でしか
手に入らないプレミア物とか
はとっても嬉しいです。
橋本環奈の部活応援ポスター等
当選者の為に作るという
当選品なんかは、
他には無いですし、
懸賞用に作られた
アイドルの顔がプリントされた
マグカップなんてのも
ありましたね。

忙しくなってくると
時々面倒くさくなることはあるのですが、
まだまだ、大型テレビや
車が当選するまで
懸賞はやめることはないだろうなぁと
思います。
そんな訳で、
今月、もう下旬に入っているのに
懸賞の便りがなくて
焦り始めているところでした。

ペアで当選とか、っていうのも
意外と考え物で、
ペアがいる人は良いですよ。
私の場合、ペアでっていう
当選がある度にパートナーを
探すのに必死になります。
それはそれでしばらく連絡を
取ってなかった人に連絡を
取る口実にはなるのですが、
決まる迄かなりの労力を要します。
でも、
当たらないよりは
全然良い、贅沢な悩みなのです。
これだけ当選品を書ける人も
そうそういないだろうと思うので、
それは運の女神様に感謝感謝です。

【ショップ売上高7年連続No,1】本格的なネットショップ構築ならMakeShop
posted by ESE at 18:41| 青森 ☁| Comment(2) | 懸賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

おんでやぁんせキャンペーン


先日、青森県の宿泊キャンペーンである
泊まって応援、旅して発見!「あおもり宿泊キャンペーン」
をご紹介いたしましたが、
今度は八戸市の宿泊キャンペーンの紹介です。
泊まって食べて観て買って
おんでやぁんせ八戸宿泊キャンペーン

と、いう名称で、
内容は
青森県、岩手県及び秋田県内にお住まいの方
(八戸市民の皆様を含みます。)
を対象に、
八戸市の宿泊施設を利用した際の宿泊料金を助成する
というもの。
(宿泊料金の8割/1名1泊(100円未満切捨)、
上限5,000円(2連泊まで助成対象となります。
その場合の上限は10,000円))
期間は
令和2年7月22日(水曜日)から
令和2年9月30日(水曜日)までの
期間内における、
金、土、日曜日、祝日及び祝日の前日の宿泊に
限ります。


令和2年7月22日(水曜日)10時〜
受付開始です。

予約は各宿泊施設へ直接電話しての予約になります。
予約の際に、本キャンペーンを利用して宿泊したい旨を
伝えてください。
助成制度を利用して宿泊された方には、
八戸駅前のユートリーや
八食センター等、市内4店舗で利用できるお土産購入券
(1,000円/1名1泊)を差し上げるという
太っ腹具合。
(2連泊の方には2,000円分!)
キャンペーン実施の宿泊施設の
電話番号等は
八戸市のHP
で紹介しているので
そちらをご覧ください。

国の施策である、揉めに揉めているGo To キャンペーンと違って
感染の少ない地域同士の移動なので
リスクは少ないと思われます。
((※注意)北東北3県にお住まいの方と同行する方が、
対象地域外にお住まいの方であれば、
同行者の方は助成の対象外になります。)


ついでに先に紹介した
青森県の宿泊キャンペーンである
泊まって応援、旅して発見!「あおもり宿泊キャンペーン」
も、3月12日迄のキャンペーンなのに
今の段階で完売ばかりなのは
さすがにまずいと思ったのか、
7月19日(日)の9時から
改めて追加予約を受け付け開始すると
発表しました。こちらも
大変お得なキャンペーンですので
青森県民の皆さま、
地域経済を回しましょう。
旅行しなくても、
これだけ安かったり、
お得だったりするならば、
たまに地元のホテルに
泊まって気分転換も良いかな、
みたいな気になりますよ。

フリーランスの請求書を即日払い【FREENANCE】

posted by ESE at 00:08| 青森 ☁| Comment(2) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

原食堂のテイクアウトラーメン


原食堂が堤川沿いにあるお店だということは
昔っからあるので知っているのですが、
(看板の上に味自慢って書いてあるのが気になってた^^)
タイミングが合わず、と、言うか、車で
大通りばかり走っていると目につくことが
無い場所に建っているので
いまだに行けてないお店。
外観から言ってテイクアウトしているとは
全然思っていなかったのですが、
今、コロナで色々なところでテイクアウト
をはじめてますからね。こちらの
お店でも持ち帰りが出来るということで
ブログ仲間の“もぐもぐぱくぱく”の
りりりさんが送ってくださいました。

せっかく食べるのならば
万全の状態で食べたいな、と思い、
チャーシューやメンマが入ってないなら
買ってきてから作ろうと思い、
中身の確認で箱を開けてみると、
DSCN4064.JPG
驚くべきことに
チャーシュー、メンマ、
小葱、コショウの小袋迄必要なものはすべて
ついています。
至れり尽くせりのセットですね。
DSCN4065.JPG
麺は太目
2食入りで
ツユが希釈タイプではなく
ストレートタイプですね。
DSCN4066.JPG
小葱がたくさん。


では、買い物は必要ないようなので、
DSCN4069.JPG
茹で玉子だけ自分で作って追加します。

温めたスープに茹でた麺を入れます。
DSCN4070.JPG
うーん、においが既に、もうおいしそう。

いただきます。
DSCN4072.JPG
おー、おいしい。
縮れ麺じゃないのに
スープが麺によく絡んで、
丁度良いバランスで
口の中に入ってきますね。
DSCN4075.JPG
チャーシューも大きめ。
煮干しダシだというのはわかるけど、
あとは何を使って
ここまでおいしくしているのかは
わかりません。

太麺は食べ応えがありますね。
せっかくなのでコショウも
家のコショウではなくて
ついてきた小袋のものを
使います。

あっと言う間に食べ終わって
完食です。

今流行りの味ではなくて、
昔ながらの味で昭和の人間には
染みる味です。

りりりさん、ありがとうございました。
久々においしいラーメンをいただきました。
感謝感謝。



posted by ESE at 12:10| 青森 ☁| Comment(2) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする