2015年05月05日

宿戸ウニ直売 2015


去年も行きました岩手県宿戸のウニ直売。
去年は朝早いこともあり、
海風にさらされてかなり
寒い思いをしたので
今年はその反省をふまえ
冬の帽子をかぶって
防寒対策をしっかりしていたのですが、
5月4日は太陽が照っていて
暑いくらいでした。
野球帽でよかった・・・。
(3日にも直売があったけど寒かったそうです)
暑さ対策寒さ対策両方の準備が
必要ですね。

9時〜の販売に対して
私は7時から並びましたが、
すでに10人位並んでいました。
朝早くから行って
立っているのはツライので
折りたたみの小型椅子を
使い、暇つぶし用の本を持ってきている
人もいて準備の良さに舌をまきました。

今年は去年と違い、
殻付ウニ、生ウニ、殻付ホヤなど
買いたいもので入り口を変えており、
並び方もジグザグに並んでください、
という指導も入り、
屋台関係はすべて海側に並び、
荷捌き場の前のスペースを
有効活用でき、
混むことを前提にした
対策がなされていたことは
良かったです。
DSCF9383.JPG
生ウニは整理券配布で
一人3本までとのこと。
場内アナウンスで
ただいまおばあちゃんや子ども達が
一生懸命ウニを瓶に詰めていますが、
鮮度もあるので事前に用意できないので
用意できる数は1,500本です。
とスピーカーから聞こえてきます。
DSCF9407.JPG
毎年来ているというオジサンと
たまたま話をしたのですが、
朝から人が並ぶようになったのは
去年からで、おととしまでは
スッと来てスッと買えていたので
去年は人が並んでいたことに驚いたのだとか。
DSCF9389.JPG
瓶入りの生ウニ約170グラム(2300円)、
殻付きウニ約1キロ(2200円)、
天然ホヤ約2キロ(千円)
ということで、去年よりも値上げしていました。
今年は高いんですね。
DSCF9399.JPG
本来のウニの旬は夏の7月頃なのは
青森県在住の方なら何となくでも
わかりますよね。それが何故、
種市のウニがそれよりも早く採れ、
なおかつ美味しくて身入りがいいのかと
いえば、
種市の海が遠浅なこと、
良質のワカメやコンブを与えて
育てているという秘密があるのです。
とは、いえ、私は関係者じゃないので
それ以上のことは知りません^^;
DSCF9421.JPG
生ウニ2本ゲットです!

朝早くに家を出たので
朝ご飯を食べていないのでここで
DSCF9415.JPG
イカ焼きを買って食べました。
DSCF9420.JPG
少ししょっぱいですが、
イカ好きなのでおいしいです。
イカを食べていると
アンケートをお願いされました。
どこから来たのか?とか
どんなのがあればもっとよくなると
思いますか?などの質問に答えて
アンケート用紙を出しにいくと
お礼にとホヤを2個くれました。
DSCF9427.JPG
ここで売っているのがあまりに
大量なので家で使うぶんくらいなら
2コで十分だったので
これは嬉しいお礼です。
ホヤ好きな父が喜びます。

夕食はウニ丼でいただきましょう。
DSCF9432.JPG
ウニの形が保たれたまま
柔らかくてトロッとした感触。
寿司屋さんのミョウバンに
つけたウニなんてウニじゃない、と
言いたくなる位まったくの別物。
DSCF9434.JPG
ホヤもあるので日本酒で。
炊きたてご飯に生ウニを乗せて
食べるのは最高の贅沢です^^

遠赤外線×頭皮【スカルプドライヤー】
posted by ESE at 10:55| 青森 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岩手県洋野町 katie さん、ありがとうございます。
来年もおいしい生ウニゲットしに行きますので、頑張ってください!!
2013年にkatie さんが書かれていた東北エモーションの記事が好きで良く拝見していましたのでビックリです。繋がっているものですね^^
Posted by ESE at 2015年05月13日 18:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック