2017年02月18日

林家木久蔵ラーメン


前記事のリベンジで行ってきました。三春屋。
本当は前回で1杯目のラーメンを食べて、
本日で2番目に気になるラーメンを食す予定で、
本当の意味で食べ比べをする筈だったのですが、
前回、故障している時間にあたり、
あのような結果だったので
本日が1杯目の林家木久蔵ラーメンです。
やはり普通は混んでるのが当たり前なのです。

前回、中を見渡した時に何故、客がいない!?と
びっくりしましたが、今回は人が多すぎて
座れるかどうかもちょっと危うげでした。

林家木久蔵ラーメンを注文した後、
まぁ、待たされました。
何というか慣れていないのは
仕方無いとはいえ、
食券を買った後、店員が席まで案内する
システムのようなのですが、
私を含め、席に案内されない人が続出。
そして、そのせいで食券の
半券を切り取らないままで座っている人がいて
いつまでも待っている人がいる、だから
店も混んでいる、という悪循環。
私が見ていただけで3組のお客さんが
勝手に席に座って食券を切り取りに店員が
来るのを待っていました。私はレジ近くに
座った事もありすぐに気づいて店員に
食券を渡しましたが、気づかなければ
より多く待たされます。
人が足りないのかもしれませんが、
席にご案内するまでここでお待ち下さい、という
案内のボードを張り出しておくとか
もう少し工夫の余地はありそうに感じました。

テーブルには調味料として
胡椒と七味が置いてあります。
DSCF6259.JPG
これだけだと
紅ショウガとか辛子高菜のトッピングが
あって当たり前みたいな感覚の豚骨系の
ラーメンには少し不利かもしれませんね。
DSCF6260.JPG
で、かなり待たされましたがようやく来ました。
DSCF6261.JPG
見た目は海苔にラーメン天狗のキャラがプリント
されている以外はごく普通です。
DSCF6266.JPG
麺は縮れた細麺。

で、味は・・・
うん、やはり、
まずい、犬も食わない、
っていうのは笑点のネタです。
しかし、ちょっと意外だったのは
意外性がまったくない事。海苔のプリント以外
醤油ラーメンといったら・・・で想像できる味。
あっさりとした昔ながらの醤油ラーメンです。
で、すごくおいしいか、と聞かれるとそうでもない。
で、まずかったのか?と聞かれればそんな事はない。
けなすところもなければ褒めるところも無い。
本当に普通。10段階評価の5、5段階評価の3、
昔からラーメンを食べてきた人が色々な突飛な
ラーメンを食べ続けて、一周りして最後に戻って
くる味、みたいな。シンプルである意味、
これが本当の醤油ラーメンだって、言っても
過言では無い味です。

で、このラーメン、税込み780円なんですよ。
三春屋の駐車場を無料にする為には
1,000円以上お買い上げで2時間無料ですから
他に買い物をしなければなりません。
今回は“たこわざび”という酒の肴によさげな
ものを買いましたので問題なく無料にしてもらったのですが、
サービスカウンターで見つけた
三春屋商品券販売中止のお知らせ。
DSCF6267.JPG
これはショックでしたね。
と、いうのも私を含めて
貧乏人 節約をする人には
当たりまえの、
買うものが無い時には商品券を買って
そのレシートで駐車場を無料にするっていう
裏技があるのですが、それが使えなく
なってしまいます。
たぶん、その裏技を使う人が
増えたせいで発売中止になったんじゃ・・ (^_^;)



posted by ESE at 16:12| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり、マズイっていうのはネタですよね(笑)
至って普通というのは、なんとなくわかる気がします(^^;

私も駐車券をもらう為に地下に行きましたが、特に欲しいものも無く…ウロウロした結果、お茶とお惣菜など400円ほど買いました。
物産展の期間だったら美味しい物が買えたかも(^◇^;)
Posted by はふり at 2017年02月20日 12:31
はふりさん、こんばんは♪
至って普通ですが、加山雄三の年代だとあっさりしたラーメンをおいしいっていうのもわかる
気がします^^;
Posted by ESE at 2017年02月22日 19:34
リベンジしたのですね。
昔ながらの丼で、至って普通という感がわかります。
Posted by りりり at 2017年02月24日 14:35
りりりさん、こんばは♪
リベンジしました! ^^;
本当に普通でどう書こうか迷った程です。
あとで調べたら昔に食べた中華そばの再現を目指しているそうで、
普通を目指しているのだから普通と感じて正しいようです^^;
Posted by ESE at 2017年02月27日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック