2018年06月23日

そんな新製品ができるだろうと思っていたら・・・


家ではアマゾンエコードット言う
スマートスピーカーでアレクサ
というAIを使い、出先では
OK!Googleとタブレットに話しかけて
Googleアシスタントの両方を使っている
からこそ感じるのは、
スマートスピーカーには
画面が無いので不便だと思う事がある
という事。

次には画面がついたスマートスピーカーが
発売されるに違いないだろう思っていたら
出てきましたよ。
2018年7月16日に発売される
画面のあるアマゾンエコースポット。
EbqjdzeE.jpg
技術者でもない素人の私が
考えるような事はすでに
考えられているのだな、と
妙に感心しました。
ただ、私が想像していたより
上のレベルの話で、
どうやら2台セットで
売って、TV電話的な使い方を
するのも想定しているようです。
独居老人も増えているし、
新しいテレビ電話なんか
与えても使いこなせいだろうけど、
スマートスピーカーに画面が出るなら
声で操作できるから
スマホをいじれない
おじいちゃん、おばあちゃんでも
大丈夫。
子供が(って言っても親が高齢なのでもういい大人)
が買ってセットアップして
親の家においてくればよいだけ。
さらに別売りのカメラをつければ
離れた場所から部屋の様子を見る
事もできるので小さいお子様の
留守番の様子やペットの動向を
知ることもできるとのこと。

テレビ電話の普及は進まなくても
スマートスピーカーの普及は
進むんじゃないでしょうか。

ただ、新しい
エコーシリーズが出たということは
今までのエコードットが
売れなくなる懸念があるという事。
さすが、アマゾン、それも考えてか
やってくれました。
通常5,980円のエコードットを今なら
3,240円で2,740円も安く
46%引きで売ってました。

まだスマートスピーカー自体が
珍しい存在なので
この値段なら
エコードットを練習用に
買って、新しい時代に
備えておくってのも
良いと思いますよ。
一家に一台あればまだスマホを
持っていないお子様等も
喜ぶでしょうし、
ペット禁止のマンションアパートでも
新しい相棒が増えると
愛着も沸きますよ^^

私も2台追加購入しました。

エコードットの弱点として
大音量で音楽等を再生中、
アレクサ、と話しかけても
反応が鈍いことがあるので
私の部屋にもう1台あれば
近くにあるエコードットに
話しかければよいだけで、
それは解決。
追加したエコードットには
スキルは受け継がれるので
新たな設定は必要なし。

もう1台は車で、
幸いポケットWi-Fiも持っており、
ネットの接続場所には困らないので
運転中に使ってみようかと
思っています。
両手がふさがっている
運転中でも質問できるって
良くないですか。

家に有線LANしか
ない人はWi-Fi変換ルーターが
必要になりますので
この記事を読んで
エコードットだけ買って
うちでは使えなかった!!って
慌てないでくださいね^^;
posted by ESE at 15:07| 青森 | Comment(2) | 新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読む力、理解する力が弱くなり・・・頭が・・・ついていけません(汗)
Posted by りりり at 2018年06月26日 15:41
りりりさん、おはようございます。
じゃあ、これから言う事はもっとわからないかも。
今は車に載せているエコードットにタブレットをbluetoothでペアリングして移動時にはGoogleアシスタントを、移動に関係の無い質問はアレクサにする、とお互いの長所を使ってます(^-^)
Posted by ESE at 2018年06月28日 09:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: