2018年11月29日

ウマイ話2


運が良い人と言うのはいるもので、
私も懸賞が当選する確率が高いので
『運の良い人』と言われることも
ありますが、懸賞以外ではあまり
運が良いと感じる事はありません。

しかし、ある程度、
自分の行動により運を良くする事は
可能です。
例えば玄米30kgを無料で貰った、と
言ったら、運が良いね、と思いますよね。
でも、これは早起きすれば
誰でも可能な事でした。

本日は、とあるコンビニの開店日。

以前も同じチェーンのコンビニ
開店日にnanacoカードに3万円チャージすれば
青天の霹靂のお米5kgをもらえる
キャンペーンがありましたが、
今回はnanacoに4万9千円チャージすれば
30kgの青森県産玄米を先着2名に
プレゼント、という企画でした。

早速行ってきました。
朝早くに並んだのは私と
私より遠い居住地から
この開店の為にわざわざ来たという
おばさんの二人だけです。
つまり、この二人で
玄米をもらえる人は決定です。

この並んだおばさんと待っている間
少し話をしたのですが、
お得なポイントデーに買い物をしたり、
クレジットカードのポイントを
貯めたりコカ・コーラにマックの
ハンバーガー券がついてたよ、等の
話をする、明らかに私と同類の人でした。
なので、お互いに
ハッピードラッグの20日は
買い物をするのにお得な日だとか、
丸亀製麺は毎月1日は釜揚げうどんが
半額だとかいう情報交換を
行いました^^;
私達は開店1時間半前に行き
並んでいましたが、
3人目は開店1時間前に来て
「お米狙いの人ですか?」と我々に
尋ね、そうだとわかると
もう終わったのか、と帰っていきました。
開店1時間前に来るのは
もう遅い!

今、持っているnanacoには
ある程度の金額が既に入っている為
4万9千円のチャージをする
余裕がありません。
(5万円上限な為)
新しくnanacoカードを
作ってそれにチャージしました。
5万円以上の支払いの時に
一枚のカードでもセンター預かりの金額を
残高照会すれば使えるのですが
新人レジ係に説明するのが
面倒くさいのでもう1枚nanacoカードあるから、
と言うほうが簡単なので、もう1枚nanacoが
あっても良いな、という判断です。
そして朝7時、ある程度人が後ろにも並びましたが、
我々二人共、めでたく、
玄米30kgGetです。
DSCN4003.JPG
そして、この玄米は今作ったnanacoカードの
プレゼントですが、
そのほかにもチャージ企画があり、
3千円で1回、5千円で2回、
1万円で5回ガラガラ抽選をすることが出来、
1等セブンのお米5kg、
2等セブンのお米2kg、
3等こだわりたまご10個入り
4等セブンカフェ無料引換券
5等ポケットティッシュ
でした。

なので
普段から使っているnanacoカードにも
1万円チャージしてガラガラ抽選を5回
引くことが出来た訳ですが、
こちらでも
1等のセブンのお米5kgGetです。
DSCN4004.JPG
こちらは本当の意味で運が良い^^
他ははずれのポケットティッシュ1つ、
残りはセブンカフェ引換券になりました。
DSCN4008 (2).JPG
お米は嬉しいですね。

そのうちに又このコンビニは新たに作るだろうし
開店日には何かしらキャンペーンをやるだろうから
又、あのおばさんと会う気がする^^;



posted by ESE at 11:52| 青森 ☀| Comment(4) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

とめはねっ


タイトル、わかりますかね?
とめはねっ! 鈴里高校書道部という
河合克敏の描くマンガのタイトルです。
この漫画を、結構好きで読んでいたのですが
この記事を書くにあたって作者の名前を
検索して初めてNHKでドラマ化されていた事を
知りました。
何ってこったい、見たかったよ。

それはともかく、
10月16日に茶居花で行われた
茶居花市に行ってきました。

店名がドッグガーデン茶居花から
工房 茶居花に変わったそうですよ。
まぁドッグガーデンって言われれば
犬を連れて行かなければ
ならないと思ってしまいますからね。
名前を変えて正解だと思います。

そこで行われた
八戸東高の書道パフォーマンス。
ちょっと出遅れて行ったので
最初の作品を写真に
収める事が出来ませんでした。
でも、作品は見て
目にしっかり焼き付けたから
許してね^^;

次の作品は
最初からカメラを構えていたので
流れで載せますね。
DSCN1544.JPG

DSCN1545.JPG

DSCN1547.JPG

DSCN1549.JPG

DSCN1552.JPG

DSCN1557.JPG

DSCN1560.JPG
凄いですね。
この大きさで
何故うまい?

私は字が下手なのが
コンプレックスなので、
字のうまい人に憧れがあります。

こういう人達って
ノートに書く文字も
うまいのだろうか?
見せて欲しいものです。

このパフォーマンスの何が凄いかって
一回書いた場所に立ってしまえば
擦れてしまうじゃないですか。
立ち位置を考えながら。
これは何とか下を見ながら
歩けば何とかなりそうですが
自分の体から離れている
裾をひきずって
文字を擦ってしまうのも
意識しなければ
ならないという事。

文字だけでなく
体のバランス感覚と
頭も良くなければ
完成出来ないんじゃなかろうか?

素晴らしいの一言です!

ちなみに記事には関係ないけど
地震体験車も来ていました。
DSCN1541.JPG
ネットで検索した事があるけど
ヒットしなかったので
八戸には地震体験車は無いのかと
思っていました。
ちゃんとあったのですね。
今度うちの会社のイベントにも
来てもらいたいな^^
posted by ESE at 20:47| 青森 ☁| Comment(4) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

林家木久蔵ラーメン


前記事のリベンジで行ってきました。三春屋。
本当は前回で1杯目のラーメンを食べて、
本日で2番目に気になるラーメンを食す予定で、
本当の意味で食べ比べをする筈だったのですが、
前回、故障している時間にあたり、
あのような結果だったので
本日が1杯目の林家木久蔵ラーメンです。
やはり普通は混んでるのが当たり前なのです。

前回、中を見渡した時に何故、客がいない!?と
びっくりしましたが、今回は人が多すぎて
座れるかどうかもちょっと危うげでした。

林家木久蔵ラーメンを注文した後、
まぁ、待たされました。
何というか慣れていないのは
仕方無いとはいえ、
食券を買った後、店員が席まで案内する
システムのようなのですが、
私を含め、席に案内されない人が続出。
そして、そのせいで食券の
半券を切り取らないままで座っている人がいて
いつまでも待っている人がいる、だから
店も混んでいる、という悪循環。
私が見ていただけで3組のお客さんが
勝手に席に座って食券を切り取りに店員が
来るのを待っていました。私はレジ近くに
座った事もありすぐに気づいて店員に
食券を渡しましたが、気づかなければ
より多く待たされます。
人が足りないのかもしれませんが、
席にご案内するまでここでお待ち下さい、という
案内のボードを張り出しておくとか
もう少し工夫の余地はありそうに感じました。

テーブルには調味料として
胡椒と七味が置いてあります。
DSCF6259.JPG
これだけだと
紅ショウガとか辛子高菜のトッピングが
あって当たり前みたいな感覚の豚骨系の
ラーメンには少し不利かもしれませんね。
DSCF6260.JPG
で、かなり待たされましたがようやく来ました。
DSCF6261.JPG
見た目は海苔にラーメン天狗のキャラがプリント
されている以外はごく普通です。
DSCF6266.JPG
麺は縮れた細麺。

で、味は・・・
うん、やはり、
まずい、犬も食わない、
っていうのは笑点のネタです。
しかし、ちょっと意外だったのは
意外性がまったくない事。海苔のプリント以外
醤油ラーメンといったら・・・で想像できる味。
あっさりとした昔ながらの醤油ラーメンです。
で、すごくおいしいか、と聞かれるとそうでもない。
で、まずかったのか?と聞かれればそんな事はない。
けなすところもなければ褒めるところも無い。
本当に普通。10段階評価の5、5段階評価の3、
昔からラーメンを食べてきた人が色々な突飛な
ラーメンを食べ続けて、一周りして最後に戻って
くる味、みたいな。シンプルである意味、
これが本当の醤油ラーメンだって、言っても
過言では無い味です。

で、このラーメン、税込み780円なんですよ。
三春屋の駐車場を無料にする為には
1,000円以上お買い上げで2時間無料ですから
他に買い物をしなければなりません。
今回は“たこわざび”という酒の肴によさげな
ものを買いましたので問題なく無料にしてもらったのですが、
サービスカウンターで見つけた
三春屋商品券販売中止のお知らせ。
DSCF6267.JPG
これはショックでしたね。
と、いうのも私を含めて
貧乏人 節約をする人には
当たりまえの、
買うものが無い時には商品券を買って
そのレシートで駐車場を無料にするっていう
裏技があるのですが、それが使えなく
なってしまいます。
たぶん、その裏技を使う人が
増えたせいで発売中止になったんじゃ・・ (^_^;)



posted by ESE at 16:12| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする