2015年07月19日

大仙  ランチパスポートVol.2


以前、訪問時に定休日だったので
今日は定休日では無いな、と確認して
行った”とり家”さんに入り、
DSCF2115.JPG
ランパスメニューで、と告げたところ、
「すいません、ウチではその本の終了期間よりも
早いので申し訳ないのですが、
事情があって、もうやっていないんですよ」
と、早期終了とのことで、残念です。

仕方がないので、近くのお店に行くことに
しましたが、一番近い茂源はこの前行ったばかり、
次に近いGEO八戸小中野店の隣の
味処 大仙 に行くことにしましょう。
DSCF2116.JPG
メニューは牛バラ丼・サラダ・味噌汁・おしんこで
通常750円→540円です。

ランパスの説明によると
オーナーシェフは八戸パークホテルで修行。
陳建一氏の一番弟子だった師匠譲りの
四川料理をベースにした本格中華が
楽しめる店とのことです。

・・・えーと、陳建一が師匠では
なくて、陳建一が師匠だった人が
師匠ということですね。
じゃあ、3代目?名前を
襲名していないと何代目とは言わないのか・。

駐車場は隣の商業施設の
ものを使って問題ないようです。

DSCF2122.JPG
メニューは壁に貼っているものと、
DSCF2133.JPG
ホワイトボードにあるセットメニュー
から選択するようですが、
まぁ私は決まってますから
ランパスメニューで、と
いう注文をすると
すぐにランパスに
ハンコを付きました。
大体のお店では
会計時に押すのですが、
会計とハンコを押すタイミングが
違うのは珍しいかな。
DSCF2123.JPG
野球に興味のある店主のようです。
光星高校のOBか何かでしょうか?

実はランパスを見ても商品の色目が悪いので
あまりおいしそうに思ってなくて
しかたなく来た感じが強いのですが、
DSCF2127.JPG
実際に食べてみて・・・
DSCF2128.JPG
この牛バラ丼、失礼な言い方だけど
写真をみて想像していたよりも
かなりおいしい。
DSCF2131.JPG
牛バラ肉も長いし、
味の染みたごはんも
シジミの味噌汁もおいしい。

ランパスには
”オーストラリアビーフに
醤油ベースのジャポネーゼソースを
甘辛く味付けしたホテル使用の
ソースで仕上げたシェフ自慢の牛バラ丼”
という説明がありますが、
そのまんま、
おいしいワケの説明ですね。
DSCF2134.JPG
ただ、ちょっと気になったのは
ランパスメニューでは無い
ランチがお得なんですよねぇ。

牛バラ丼とラーメンをセットで
食べて、コーヒーも付いて
750円ということは
ランパスメニュー分を引いて
中華そばとコーヒーが
250円でいただけるということ。
普通に食べてもリーズナブルじゃ
ないですか。
それはなんか
ランパスを使っているお得感が
感じられないかなぁ。

でも、すごく、
味の深みが感じられたお店です。
味が何重かの層になっている
お店っていうのは
経験から言って
間違いの無いお店です。
又来る機会があるお店
となりました。
色々な出会いを経験させて
くれるランパスや1コインランチ八戸本には
感謝です^^



posted by ESE at 20:00| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ランチパスポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

北ごちランチセット ランパスVol.2


ランチパスポートVol.2の最終日、7月24日が
近づいているのでワンコイン八戸Vol.2のほうは
一旦おいておいて、今回はヴィアノヴァ地階の
DSCF2082.JPG
エトワールの佐助豚のバラ焼きカレーセットを
食べようとお店についてみれば、まさかの
本日貸切のプレートがかかっているでは
ありませんか。何ということ。
できればこの本を使って
見たことのないお店、はじめての
お店ではじめてのメニューを
食べたいという気持ちがあるので
なるべく同じ店には行きたくないのですが、

仕方ないので、同じヴィアノヴァ地下にある
北のご馳走やの北ごちランチをいただくことに
しました。まぁ、前回とは少し内容が
変わっているので良しとしましょう。

エビ天サラダうどん、もしくはそば、
寿司握りまたはネギトロ丼、八戸バクダン、
サーモンアボカドに揚げ物、小鉢、
デザートのセットということで
選択肢が多すぎて、
シンプルにランチ本についている
そのままの形で注文しました。
DSCF2086.JPG
20種類のドリンクバーが
あるということだったけど、
前回来た時にそんなに種類は
多くなかったな、と思い、
他の場所にもドリンクがあるのか
探してみると、
DSCF2102.JPG
ありました。

何だ、入口にあるもの
DSCF2079.JPG
だけでなくて
ちゃんとドリンクバーの
機械もあるのですね。

DSCF2087.JPG
エビ天、大きいな、と
一瞬思ってしまったけど、
一口食べたら中身はそんなに
大きくなかった・・・残念。
DSCF2090.JPG
握りは文句なし。
DSCF2088.JPG
唐揚げには最初からタレがかかっているのに
DSCF2095.JPG
このオレンジ色のソースは
何にかけるのだろうと
味を確かめるのにちょっとだけ
舐めてみようとしたら・・・

個体だ。液体じゃない!
ということはデザートのゼリーですね。
まぎらわしい入れ物だこと。

うん、まぁ、普段1,000円のランチが
500円のワンコインというだけあって
品数が多いし、ドリンク飲み放題なので
なかなか良いですよ。

考えてみれば握りだとみんな
どんなものかわかるのだから
八戸バクダンにしてもらえば
よかったな、とあとから
ちょっと後悔してしまいました。



posted by ESE at 21:00| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ランチパスポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

韓国市場 悠々館 ランパスVol.2


炭火焼肉 悠々館にやってきました。
ここのお店のランパスメニューは
DSCF2038.JPG
冷麺730円→540円です。
DSCF2030.JPG
入口は韓国市場というマーケットと
一緒になっており、韓国らしさが
出ています。

その割に焼肉屋の店員は普通に
日本人でした。
DSCF2035.JPG
今は4周年記念で色々お得みたいですね。
DSCF2034.JPG
ランチメニューには
ドリンクバーとサラダバーが
つくようなので
通常価格でもランチの時間には
かなり安いと言えます。

で、今日の冷麺はと・・・
DSCF2041.JPG
昔は冷麺の噛み切れない麺が
好きではなかったのですが、
今は面白いと思うように
なりました。

冷麺はランパスの写真を見て思っていたよりも
DSCF2042.JPG
量が多めでした。
冷たいスープはサッパリしすぎて
いるようなので、
DSCF2047.JPG
辛味噌を追加。

うん、少し辛いほうが良い感じです。
酢もちょっと入れて
さらにサッパリ。
DSCF2043.JPG
タマゴは堅焼き。
DSCF2044.JPG
トマトや鶏肉も
おいしいです。

暑い日にはなかなか
冷麺も良いですね。

で、外に出て気づいたんだけど、
DSCF2029.JPG
駐車場の枠にサンチュが
植えてありますね。
うーーーん、自家栽培と
言えば聞こえは良いけど、
排気ガスまみれの場所に
あるのは問題かな・・・?
それとも焼肉屋だという
目印みたいなものなんだろうか?
疑問だ・・・?

石垣島のユーグレナ
posted by ESE at 23:00| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ランチパスポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする