2018年06月08日

八戸には湧水がけっこうある


我が家の畑に
20180607_100820.jpg
撒く水はずっと以前は自宅から水道水を
灯油タンクに入れて持っていっていたのですが、
20180607_100756.jpg
カルキ抜きなどで少し取り置きして置く時間が
必要な為、すぐに大量に使いたい時に不向きなので
2〜3年前から湧水を使うようになりました。

その2〜3年前から使っていたのは
畑から一番近くにある湧水、
是川の“安全清水”を使っていたのですが、
20180607_102407.jpg
今年はここの水の出が悪く
上から出っ張っているパイプから
チョロチョロとしか出ない。

去年はここから水道水なみに
出ていたのに・・・。
冬に雪が少なかったのが
原因だろうか?

水を溜めるのにあまりにも
時間がかかるものだから
場所を変える事にしました。

ここは白銀駅のすぐ近くにある
“三島清水”
20180607_111643.jpg
八戸の鮫町の地名の由来は
アイヌ語で「サ・メム」で「浜の・湧水」ではないかと言う
節もあり(諸説有り)鮫や白銀付近には湧水が多くあります。

ここの湧水はポンプで汲み上げているだけあって
蛇口をひねれば勢い良く水が出てきます。
20180607_111907.jpg
ここの蛇口は2つあるので
2人で使えます。

ここの水は有名な八戸ご当地サイダーである
三島サイダーに使われています。

野菜もおいしくなるってもんです^^

におい、気になったら【クリアネオ】
posted by ESE at 12:02| 青森 | Comment(6) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

菊納豆


この時期、青森県、
特に南部地方の方は
食卓に菊の花が出る
確率が多くなると思います。
DSCN1576.JPG

DSCN1578.JPG
我が家は農家ではありませんが、
うちの畑の一角に菊も栽培しています。

天ぷらにしたり、
味噌汁に入れたりおひたしにしたり
色々な物入れて使える菊ですので、
普通の家庭よりは
食卓に出る回数が多い訳ですが、
さすがに消費しきれないので
茹でてからジップロックで冷凍したり
DSCN1572.JPG
一回分づつ小分けにして冷凍したり
して食べる時にタッパーひとつ分を
解凍します。
DSCN1579.JPG
とにかく何にでも菊を入れるのですが、
色々入れてみた中でも
私の中でヒット!作だったのが
納豆の中に入れた
“菊納豆”
DSCN1567.JPG
普通に納豆添付の
タレとカラシを入れて
菊と混ぜて、軽く
醤油かけます。
DSCN1568.JPG
菊は割とクセの強い味なので
(春菊を食べられない人は
菊のクセを感じやすい)
クセの強い納豆と
合わせる事により、
クセどうしが合わさると
クセを感じずおいしさだけに
なります。

最期にかける少量の醤油を
ポン酢に変えたり、
少し、ワサビを加えても
イケます。
ネギたっぷりでも。
DSCN1570.JPG
この時期、安く大量に買えますし、
冷凍しておけるので
少し多めに手に入れて試してみて
くださいね。
これ、マジでおすすめですヨ。

いつもの買い物がお得になるキャッシュバックサービス!monoka
posted by ESE at 14:56| 青森 ☁| Comment(2) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

高校生レストラン キッチンいちょうの森


10月7日に念願だった高校生レストランに
行ってきました。
DSCN1481.JPG
青森県立百石高校の食物調理科の生徒が
メニューを考え、調理するレストランで、
1年に8回しか開店しないうえに
ヘタをすると招待客のみの場合も
ありうるとの事で、お店に行くのには
八戸からおいらせ町迄の距離だけではなく
もっと大きなハードルがあります。

メニューは『結御膳1,000円』1つのみ。
DSCN1488.JPG
限定60食ですので、最初に
朝9時30分に店の前に並んで整理券を貰います。
1人で整理券を複数枚貰う事は出来ず、
もしも複数枚欲しければその人と
一緒に並ぶか、1枚貰った後、又
最後尾に並んでくださいとの事。
私はおひとり様なので気楽です^^;
DSCN1480.JPG
整理券を持って11時30分から
ラストオーダーの13時30分の間に
食券に引き換えます。
DSCN1476.JPG
だいたい12時少し過ぎ位には凄く
混むのですぐには食べらないそうで
それを踏まえて時間をばらけて来てくれると
助かるとの事。

開店と同時に食べるため11時15分に行くと
名前を書いて待っていてくださいとのこと。
DSCN1489.JPG
名前を書かないと呼ばれないそうです。

開店すると長椅子で座って待っているようにと
中に通されます。
料理している所も見る事が出来るので
DSCN1491.JPG
おそらく生徒の親とかジジババも
来ているでしょうから
生徒達緊張するでしょうね^^;

名前を呼ばれて会計して
食券を持ち、生徒に案内
されて席に着くと食券を
持っていかれました。
食券を写真に撮る暇もなくて
デザインも覚えてないけど、
食券の必要性あったのかな?
どのみち生徒がつきっきりで
席迄案内しているのだから
席Noで管理出来そうだけど?

お品書き
DSCN1496.JPG

メニューには料理の説明がついています。
DSCN1498.JPG
青森県が推奨しているダシ活も
取り入れており
DSCN1501.JPG
減塩しているので
全体的に薄味です。
DSCN1503.JPG

包丁使いはすでにプロの域。
DSCN1504 (2).JPG

DSCN1507.JPG

『だるま芋とマイタケの炊き込みご飯』
DSCN1506.JPG
だるま芋が小さな角切りになって
ごはんの中に入っていたけど、
粘りの強いのが特徴の芋だから
その特性を活かした
へっちょこ団子のような
メニューにしてほしかったかな。
サクサクした食感なら
長芋でも出来るからせっかくの
だるま芋の良さが活かされていないかな。

DSCN1514.JPG
ちょっと焼き色が薄いけど、玉子焼きに
百石高校の焼き印を押しているのが
わかるかな?
DSCN1515.JPG
さつまいもプリンは
おいしい。

うん、若い感性と
おいらせ町の特産の農産物の
有効活用を感じます。
古くからある技術と
新しい感性の融合で
全体的においしいです。

アンケートは全体のざっくりとした物ではなく、
DSCN1500.JPG
料理1品1品すべてにおいての感想や
サービスに至るまで全部書き込むように
なっているのでお客さんたちも真剣に書き込んでいます。

私もおいしい物には素直に『おいしい』と、
少し気になったメニューには自分なりに
思う事も書き込んできました。

地域のみんなで生徒を育てている感じかな。
DSCN1513.JPG
食材も地域の物をふんだんに使っているし
食べ物が地域の活性化の起爆剤に
なりうるのは八戸発祥のB−1グランプリ
で証明されています。
生徒達も技術を身につけるので
就職にも有利。
(実は百石高等学校の食物調理科は、
卒業と同時に調理師免許を取得できる
調理師養成施設でもあります。)
生徒良し、地域良し、お客さん良しで
良い事づくめです。

最期に、ネットに書いて
写真で顔が出ても良いか
尋ねると「どーぞー^^」との
事でしたので遠慮なく
記事にさせて戴きました。

次回は11月11日開店です!
DSCN1484.JPG

発酵プラセンタ原液が初回60%OFF!【エテルノ 美容液】
続きを読む
posted by ESE at 10:05| 青森 ☁| Comment(2) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする