2018年01月12日

破天堂 美塩ラーメン


先日レポートした
八食センターの
ラーメン店天岳では
新春特別企画の
塩ラーメンをいただきましたが、
もう一店の破天堂では
新春企画第2弾と致しまして
DSCN2070.JPG
美塩ラーメン通常650円を
1/9〜12日の3日間
(水曜日は定休日の為抜ける)
500円にて提供するというので
行ってきました。

天岳では第2弾の企画は無いようです。
と、言うのも、破天堂がある場所は
もともと“鉄五郎”というラーメン店だった場所。
国道45号線上にある旧店舗は今現在
空き店舗となっているので
知らない人が見れば
あ、破天堂、潰れたんだ、と思っていても
おかしくない状況である為、
八食センターに移転してきたという事を
猛烈にアピールしなければならないという
事情が垣間見えます。

店舗の横に貼ってあるポスターを見ると、
DSCN2080.JPG
天王というラーメンが天岳の
極味噌ラーメンとまったく一緒のルックスですから
同じ系列の製麺屋さん関連なのでしょう。
DSCN2079.JPG
券売機の中でも
ちゃんと美塩ラーメンの
価格を変更しています。

店内に入ると2人用テーブルと6人掛け
テーブルがあり、カウンターはありません。
2人用テーブルが既に埋まっていましたので
6人掛けに座りますが、これ、
相席前提の作りですね。

入店してから結構待たされたので
正面に知らないおっさんが
スタンバイしてしまいました。
写真が撮りづらい・・・><;
DSCN2076.JPG
黒い背景に白い丸を筆で書いたような
器に入った美塩ラーメンが到着です。
DSCN2077.JPG
青梗菜の緑がアクセントになっています。
美塩って言う位だから
見た目美しく、にこだわっているのでしょう。

うん、おいしい。
この青梗菜、シャクシャクした食感という事は
茹で野菜ではなく炒めていると思われます。
チャーシューはぽろぽろと崩れていく
食感で、味付き玉子はSサイズの小さめ玉子。

マジックパールって言うのか
コンビニでも売られている味付き玉子、
最近私、自分でも作ってみているのですが、
食塩の使う量が半端では無い。
飽和溶液を作っているので
テーブルとかに食塩水をこぼすと
白く粉を拭くから掃除も大変^^;
半分に切るのも柔らかすぎて
包丁だとうまくいかないから
糸を使ったり、と結構手間がかかります。

悪くない店だと思います。ただ、
街の小さな定食屋とか食堂では
よくありますが、ラーメン店で
テレビを付けているのって
最近では珍しいかも。



posted by ESE at 10:31| 青森 ☁| Comment(6) | お得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

イベントに負けてられない


青森県内外の有名ラーメン店が八食センターに集結し
ラーメン1杯600円(1杯のサイズはイベント用に小さめ)で
提供するというイベントが6日〜8日の連休で行われました。
DSCN2054.JPG
かなり盛況のようです。
DSCN2055_LI.jpg
しかし、私の目的はココではありません。

こういうイベントが行われるという事は
元々八食センター内にあるラーメン屋さんに
とっては売上を食われてしまうという事。
ならば、何かしら集客の手を打とうと考えるのは
自然の流れです。
DSCN2058.JPG
既存のラーメン店である
天岳では“塩ラーメン通常680円”を390円で、
破天堂では“こくにぼし通常500円”を380円で
提供するとの事。
DSCN2067.JPG
麺家天岳には本店には何度か
行っていますが、八食センター店は
初入店です。

私と一緒に開店と同時に入店した客は
メニューを持ってきた店員から
メニューbookを受け取らず、
全員塩ラーメンを注文していました。
考える事は皆、同じですね^^;

塩ラーメンが運ばれてきました。
DSCN2062.JPG
とろけるチャーシューに
ほんのり味が付いたゆで玉子、
DSCN2063.JPG
スープを一口ずずっと啜れば
擦りゴマの風味が凄い。

にんにくと生姜が利いて
いるのはわかるけど、
何だろう?ごま油かな?
スープが麺ともマッチしていて
なかなかおいしいです。

天岳で塩ラーメンを食べるのは
初めてかも。以前、天岳本店で
海の贅沢ラーメンを食べた時に
ベースが塩ラーメンって書いたけど、
あれは嘘ですね。
この塩ラーメンのように
擦りゴマの風味が立っていなかったので
素材としての“塩”を使っていたとしても
この店で言う“塩ラーメン”が
ベースって訳では無さそうです。

ラーメンを安く食べられたおかげで
家族にお土産を買って帰れます。
DSCN2059.JPG
手前の100円玉が小さく見える程
巨大なホタテの照り焼き串
2玉ついて1本400円也。
この大きさでこの値段は
嬉しいですね。
さすが八食センターと言ったところでしょうか。



posted by ESE at 13:22| 青森 ☁| Comment(2) | お得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

たかが?されど?1円の違い


ガストのチキテキ599→399円クーポンがあったので
行ってきました。

実は本日はチキテキを食べる事がメインの目的では
ありません。ネットで噂のコラピスなる飲み物の
味を見てみたくて、ガストのドリンクバーが目的です。

クーポンでメインのチキテキを頼んだ後、
白ごはんも食べたかったので、

ドリンクAセット(ライス・日替わりスープ・ドリンクバー)
349円を頼もうとして、ふと、疑問に思いました。
DSCF6176.JPG
もしかして、ドリンクバー149円のクーポンを使って
Aセット(ライス・日替わりスープ)199円を別に
頼んだほうが安くなるような気がする。
DSCF6177.JPG
メニューは全部税抜き価格で
書かれているので暗算できず、
注文した後、じっくり計算してみると
ドリンクAセットで頼んだ場合
349円×1.08=税込376.92
ガストは1円以下の税の端数計算を
四捨五入していますので
377円になります。
対して、私の頼んだ
クーポン+Aセットの場合
(149円+199円)×1.08=375.84
同上の理由で376円です。

と、いう事は
1円安かった^^

たかが1円って思うでしょ。

ところが、端数処理が四捨五入の場合、
たかだか1円って言っていられない
事態が発生するのですよ。

ガストのメニューって
末尾がほとんど9円のものばかりなので
繰り上がるのが前提なんです。
例えば
日替わりランチで1円、
スープ+ライスで1円、
ドリンクバーで1円、
ポテトで1円って具合に加算されると
1食あたり4円も加算される事になります。
それが
私の場合4人家族ですので、
家族を連れて4人で行ったりすれば
1円未満切り捨ての場合と比べて
1会計あたり16円も余分に払う計算です。
昔は端数は切り捨てていたけど、
去年の秋ごろから四捨五入に変わってました。
見えない所でわずかな利益を得ている訳ですな。

ところで、最初に言っていた
コラピス、ね。

レシピはカルピス2秒、
コカ・コーラ1秒
コカ・コーラゼロ1秒
メロンソーダ2秒、
ウーロン茶1秒とのことなので
やってみました。
DSCF6186.JPG
食欲のそそらない色です。
深緑というか気分の沈む色です^^;

で、味は・・・・
そんなに悪くない。
でもだからといって
大ヒットって訳でもない。
この味、一番近いのは
最近見ないけど、
サントリーのPOPメロンソーダかな。
わざわざ、手間をかけて
やるほどのものでもなかった。

ちなみに
本日の日替わりスープは
カレー風味の野菜スープで
いつもより具が多い感じです。
DSCF6179.JPG
チキテキは分厚いお肉で
お得感があります。
ただ、味付けが濃い。
コショーが利きすぎ。
DSCF6182.JPG
もやしをたくさんつけている理由
がわかります。

でも200円安いと食べようって
気になるメニューですね。
値段が高いだけ高くて
やわらかではなかった
牛やわらかステーキよりは
ずっとおいしいと思います。



posted by ESE at 16:59| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする