2018年02月02日

丸亀製麺の裏技


1月にも書きましたが、
丸亀製麺では毎月1日に釜揚げうどんが
半額になるので
並290円→140円
大390円→190円
特490円→240円
で食べる事の出来る大変お得な日です。

しかし、安くなるのは釜揚げうどんだけなので
他のメニュー、例えば、かけうどんだったり
釜玉うどんは通常売価のままです。

ところが、ここで少し頭を働かせると
無限の可能性が広がるのです。

例えば、釜玉うどんが食べたい、と
思ったら、まず、うどん注文口で
釜揚げうどんと、トッピングの生玉子を
注文します。
暑い地域や暑い時期に食中毒の危険がある場合、
生玉子の取り扱いをしない事がある為、
丸亀製麺のHPや、うどん渡し口のトッピングが
書かれている札には生たまごの記載はありません。
だから存在を知らない人もいますが、
トッピングで“生玉子”と注文すると
器に割入れてくれます。
(メニューに釜玉うどんが存在して
いるのだから生玉子が無い訳が無い。)

さらに、ここでカラの丼をもらいます。
例えば小さなお子様を連れている場合には
取り分けたり、ネコ舌な為、器に取って
さましておきたい、等、色々な理由で
カラの丼をもらう人は大勢いますし、
店員にとっても丼を渡すだけで何の手間も
ないのであえてここで何に使うか言う必要も
なければ、聞かれる事もなく、
これを断られる事はありません。
DSCN2259.JPG
これで準備完了です。
DSCN2261.JPG
釜玉うどん(並)は普通に注文すると
350円ですが、
DSCN2262.JPG
この、釜揚げうどんに生玉子トッピング、
丼をもらい、それに移して食べる方法を取ると
釜揚げうどん並160円+生玉子60円の
合計200円で食べる事が可能になります。

添付の出汁で食べても良し、
テーブルの上に置いてある
だししょうゆを回しかけても良し、
お好みでどうぞ。

今回は釜玉うどんですが、
カラの丼をもらう事により、
麺を移してダシサーバーから
ツユを入れるとかけうどんになりますし、
トッピングに明太子を付け加えれば
釜玉明太うどんになります。
アイデア次第で組み合わせはいくらでもあります。
いずれの場合においても、それその物を注文するより
はるかに安く食べる事が可能になるのです。

裏技と言っても
カラの丼をもらうだけなので
誰でも簡単に出来るハードルの低い
お得技です。
来月1日には、お好みのうどんを考えて
是非、試してみてくださいね^^



posted by ESE at 11:00| 青森 ☁| Comment(0) | お得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

破天堂 美塩ラーメン


先日レポートした
八食センターの
ラーメン店天岳では
新春特別企画の
塩ラーメンをいただきましたが、
もう一店の破天堂では
新春企画第2弾と致しまして
DSCN2070.JPG
美塩ラーメン通常650円を
1/9〜12日の3日間
(水曜日は定休日の為抜ける)
500円にて提供するというので
行ってきました。

天岳では第2弾の企画は無いようです。
と、言うのも、破天堂がある場所は
もともと“鉄五郎”というラーメン店だった場所。
国道45号線上にある旧店舗は今現在
空き店舗となっているので
知らない人が見れば
あ、破天堂、潰れたんだ、と思っていても
おかしくない状況である為、
八食センターに移転してきたという事を
猛烈にアピールしなければならないという
事情が垣間見えます。

店舗の横に貼ってあるポスターを見ると、
DSCN2080.JPG
天王というラーメンが天岳の
極味噌ラーメンとまったく一緒のルックスですから
同じ系列の製麺屋さん関連なのでしょう。
DSCN2079.JPG
券売機の中でも
ちゃんと美塩ラーメンの
価格を変更しています。

店内に入ると2人用テーブルと6人掛け
テーブルがあり、カウンターはありません。
2人用テーブルが既に埋まっていましたので
6人掛けに座りますが、これ、
相席前提の作りですね。

入店してから結構待たされたので
正面に知らないおっさんが
スタンバイしてしまいました。
写真が撮りづらい・・・><;
DSCN2076.JPG
黒い背景に白い丸を筆で書いたような
器に入った美塩ラーメンが到着です。
DSCN2077.JPG
青梗菜の緑がアクセントになっています。
美塩って言う位だから
見た目美しく、にこだわっているのでしょう。

うん、おいしい。
この青梗菜、シャクシャクした食感という事は
茹で野菜ではなく炒めていると思われます。
チャーシューはぽろぽろと崩れていく
食感で、味付き玉子はSサイズの小さめ玉子。

マジックパールって言うのか
コンビニでも売られている味付き玉子、
最近私、自分でも作ってみているのですが、
食塩の使う量が半端では無い。
飽和溶液を作っているので
テーブルとかに食塩水をこぼすと
白く粉を拭くから掃除も大変^^;
半分に切るのも柔らかすぎて
包丁だとうまくいかないから
糸を使ったり、と結構手間がかかります。

悪くない店だと思います。ただ、
街の小さな定食屋とか食堂では
よくありますが、ラーメン店で
テレビを付けているのって
最近では珍しいかも。



posted by ESE at 10:31| 青森 ☁| Comment(6) | お得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

イベントに負けてられない


青森県内外の有名ラーメン店が八食センターに集結し
ラーメン1杯600円(1杯のサイズはイベント用に小さめ)で
提供するというイベントが6日〜8日の連休で行われました。
DSCN2054.JPG
かなり盛況のようです。
DSCN2055_LI.jpg
しかし、私の目的はココではありません。

こういうイベントが行われるという事は
元々八食センター内にあるラーメン屋さんに
とっては売上を食われてしまうという事。
ならば、何かしら集客の手を打とうと考えるのは
自然の流れです。
DSCN2058.JPG
既存のラーメン店である
天岳では“塩ラーメン通常680円”を390円で、
破天堂では“こくにぼし通常500円”を380円で
提供するとの事。
DSCN2067.JPG
麺家天岳には本店には何度か
行っていますが、八食センター店は
初入店です。

私と一緒に開店と同時に入店した客は
メニューを持ってきた店員から
メニューbookを受け取らず、
全員塩ラーメンを注文していました。
考える事は皆、同じですね^^;

塩ラーメンが運ばれてきました。
DSCN2062.JPG
とろけるチャーシューに
ほんのり味が付いたゆで玉子、
DSCN2063.JPG
スープを一口ずずっと啜れば
擦りゴマの風味が凄い。

にんにくと生姜が利いて
いるのはわかるけど、
何だろう?ごま油かな?
スープが麺ともマッチしていて
なかなかおいしいです。

天岳で塩ラーメンを食べるのは
初めてかも。以前、天岳本店で
海の贅沢ラーメンを食べた時に
ベースが塩ラーメンって書いたけど、
あれは嘘ですね。
この塩ラーメンのように
擦りゴマの風味が立っていなかったので
素材としての“塩”を使っていたとしても
この店で言う“塩ラーメン”が
ベースって訳では無さそうです。

ラーメンを安く食べられたおかげで
家族にお土産を買って帰れます。
DSCN2059.JPG
手前の100円玉が小さく見える程
巨大なホタテの照り焼き串
2玉ついて1本400円也。
この大きさでこの値段は
嬉しいですね。
さすが八食センターと言ったところでしょうか。



posted by ESE at 13:22| 青森 ☁| Comment(2) | お得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする