2018年12月27日

仙台 びすとろ ぼんてん


何年かぶりの青森からこんにちはA番外編です。
今回は訳あって仙台に来ました。
DSCN4114.JPG
このサイズ感が青森県と違うわ。

泊まるホテルは仙台駅からすぐのホテルなのに、
Googleマップで指示された方向に歩いたら、
さっきまでまっすぐだったはずの道が途中で
曲がる道路が出てきたりしてすごく
遠回りになってしまいました。
ホテルに着いてからマップを見ると
駅からほんのわずか歩けば
すぐじゃん、何でこんな
面倒くさい指示出した?と
いう感じでした。
最初から俯瞰でマップを見たときの
自分の方向感覚を信じていてば
そんなことにはならなかったのに、
音声指示されるとつい、
したがってしまう^^;
最近、AIのスマートスピーカーを使いこなしているつもりで
いたのにスマホがわからないおじいちゃんか!って感じに
なってしまいました。
余談だけど、旅にもスマートスピーカー
アレクサは持って歩いてます。
これを見越しての小型のエコードットを
買っているので^^;

前置きが長くなりましたが、
この日の晩の食事は仙台に
きた目的を果たした後になるので、
夜21時30分から、と
私にとってはかなり
遅めの晩御飯になります。

ネットでホテルの近く
お店を探すと
”びすとろ ぼんてん”
というお店があります。
本当はビストロ梵天なんでしょうね。
コース料理だと偏食な
人には食べられないものが
あった場合、無駄になってしまうので
席だけ予約というのをして
ほぼ時間通りにお店に向かいます。

お洒落なお店ですね。
DSCN4097.JPG
でも、結果論だけど、
ふたり位なら予約をしなくても
入れた感じでした。まぁ、
それは予測できないので
あらかじめ確実な方法を
取っておいたほうが無難でしょう。

ビールで乾杯。
DSCN4095.JPG
ビストロなんて言葉、
ビストロスマップでしか
見たことないけど、
結構おしゃれな料理過ぎて
どんな味か想像の付かない料理が
多いです。

ま、おいしかったけど、
店内の暗さで、私のカメラの腕だと
ほとんどがピンボケ写真になってしまった。
DSCN4100.JPG
DSCN4101.JPG
残念過ぎる。
DSCN4105.JPG
まともに写ってるのこれら2枚くらい

ヒレ肉一本カツ
DSCN4106.JPG
たぶんこの大きさのせいで
料理を作るのに時間がかかったのでしょうが、
他のを色々食べてそろそろ食べ終わろうかと
思っていた時に出て来て、そう言えば
こんなの注文してたわって感じ。そこからの
丸々1本のヒレ肉は二人で食べるには
ちょっときつかった。
食べきれないかと思ったけど、
なんとか食べきりました。

次の日、席だけ予約したアドレスに
来店御礼のメールが来てました。
初めてのことです。駅前の好立地なので
余計に競争が激しい地域なのでしょうね。

posted by ESE at 01:53| 青森 ☁| Comment(4) | 行った場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

さくらんぼ狩り


青森県はさくらんぼの生産量全国3位ですが、その中でも、
ナンバーワンの生産量と品質を誇るのが南部町名川地区です。
今年はここ10年で一番の出来って事で、
わが社でもなぜか、ノリで会社全体としてさくらんぼ園に
さくらんぼ狩りに行こうって運びとなりました。

20人もいるから「車何台で乗り合いで行くつもりですか?」
て、上司に聞いたら、
「何言ってるの?
さくらんぼ園なんて狭いんだから1台で行くよ。
ESEさん、大型免許持ってたよね。
じゃあ、マイクロバス借りるから運転手、よろしく。」だって。
「😅(いや、明日から会社に誰も人がいなくなっているかも・・・)」

ペーパードライバーの大型免許保持者に
命を預けているとも知らずに
名川迄1時間の道のり。

今までトラックに引っ越しの荷物を
積んで運んだ事はあっても
その場合、空間があったり
箪笥の中はカラだから
軽いのですよ。すいすい
取り回ししていましたが、
今回は重い車を運転って事です。
しかも今までは自分だけしか乗ってないから
事故ってケガしても
自分だけの話だったのが今回いきなり
20人の命を預かるって・・・。

でも免許持ちとして
ここは断れません。
人間が20人乗ると
男女大柄小柄様々いますから
平均体重50kgだとして20人で
1000kg、つまり1t乗っている訳ですよ。
1tある物体が走り始めると
慣性の法則というものが働くのですよ。
止まりたくても止まらない。それが
アクセルから伝わってくるから
ノロノロ運転にならざるをえないですね。
今後トラックがノロノロ運転しているのを
見ても暖かく見守ろうと思いました^^;

なんだかんだで
園地につき
さくらんぼ狩り開始。
DSCN3258.JPG
私はあまりさくらんぼって
そんなに夢中になってまで食べたいって
いうフルーツではないのですが
10年に一度って言うだけあって、
結構甘い。

採って食べて、思っていたより
満足できました。

帰り道はそこそこ運転にも慣れて
考えながら運転ができました。

考えながらってのは
例えば
大型車だと内輪差が大きいので
いつもの普通車の感覚で
曲がり角を曲がれば
後輪が縁石に乗り上げたりする
訳ですよ。
これをしてしまえば
次の日から絶対に同僚にからかわれるのは
目に見えていますから
曲がる前にぎりぎり
中央の白線に寄ろう、とか
早い段階で減速しておこうとか
バックする時の考えは
言葉にはできない程複雑な工程で
簡単には言い表す事ができないのですが、
すごく考える必要があるのです。

みんな、無事に元の場所に帰ってきて
「さくらんぼ狩り楽しかったね〜。」の
声を聞いて、この会社中で私が
一番ほっとしているのは
誰にも知られてはいけない
秘密です^^;

「旅」をテーマにした通販サイト JTBショッピング
posted by ESE at 23:05| 青森 ☁| Comment(6) | 行った場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

龍泉洞に行ってきた


3大洞窟のひとつ、龍泉洞に行ってきました。
DSCN3046.JPG
3.11の震災といつぞやの台風10号で
被害を受けて閉鎖していた期間があったので
ちょっと心配していました。

龍泉洞には小学生の時に一度行ったきりなので
うろ覚えなのですが、それでも鍾乳洞が見事だったのと
深い吸い込まれそうな青い水で底まで見えているような
透明度が印象に残っています。

現在も調査継続中で総延長は不明なようで、
わかっている範囲の延長は約3km。
うち700mが一般に公開されています。
入口から入って出口も入口と同じ場所から
出てきますので狭い洞窟の中で行きと帰りの
人がすれ違うのがちょっと大変です。

洞内の鍾乳石や地底湖はライトアップされています。
DSCN3089.JPG
地底湖は透明度が高く、流れる水音を
聞きながら見るとより美しく感じます。
DSCN3094.JPG
一般公開されている部分は歩きやすく
板などが敷かれて整備されており、
通路も広い場所が多く、
頭上にも頭をぶつけないように
波板が張り付けてあり、
歩きやすく整備されています。
とは言え、気をつけないと
頭をぶつけそうになる場所も
あります。
途中、アップダウンはありますが
スロープだったり階段だったり。
階段は段差が大きかったり小さかったり
一定しないのと階段の縦幅が狭く、
私の28pのデカ足だと
足が乗り切らない箇所もあります。
ただ、段数の多い階段の上がり口には、
不安のある方は来た道を戻るような主旨の
注意書きがあり、必ずしも階段を上らなくてもよく、
体力に不安のある方でも割と大丈夫そうではあります。

たぶん昔よりも整備されて
歩きやすくなっているのは確かなのですが、
LED照明になったせいなのか
暗く感じます。

水も以前は感動したけど、
今回はそこまで青く感じなかった。
と、釈然としない気持ちになりながら
本洞を出て、
DSCN3148.JPG
うーん。でもこういう感じだったっけ?

道路を渡った所にある
DSCN3150.JPG
新洞に入ろうとすると
DSCN3151.JPG
“撮影禁止”の文字が。
それは仕方ないな、と入っていくと・・・。

そう、これこれ。
昔見た鍾乳洞だぁ、って感じ。
新洞は15分から20分位で歩ける程
短いけれども、なかなか見応えが
ありました。
と、言うか、新洞がなければ
がっかりしたかもしれない位。
新洞の写真を撮れないのが残念です。
良かった。これで納得できた。

お昼は龍泉洞観光会館で
ツアーで用意された短角牛のお弁当を
食べましたが、
DSCN3158.JPG
単品だと物足りない。
お腹がキツイけれどもちょっと無理して
人気No1という
“龍泉洞ラーメン”も食べてみました。
DSCN3164.JPG
黒豚チャーシューと山菜が入っているのが
特長ですが、

まぁ味は普通の醤油ラーメンです。
それよりもこの流しそうめんの
DSCN3161.JPG
竹筒が気になる。
やるのに勇気がいりそう^^;

なんだかんだで、
何十年振り、たぶん40年ぶり位かな?と
思われる龍泉洞は周りの街並みも含めて
復興に頑張っているのがわかり、
なかなか良かったです。
DSCN3036.JPG
恋人達のパワースポットでも
あるようなのでデートにもおすすめ。
DSCN3193.JPG
龍泉洞のお土産で晩酌しながら記事を書いています^^
posted by ESE at 00:47| 青森 ☁| Comment(4) | 行った場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする